式を彩るカラードレス

結婚式を華やかに演出するカラードレス

カラードレスを着る意味とは?

カラードレスを着る意味とは? 結婚式をプランニングする上で、最も楽しみなことの一つと言えばドレス選びですよね。
特にお色直し後のカラードレスは、数あるドレスの中から「これだ!」と思うドレスを選ぶのが楽しくもあり、大変な作業でもあります。
 そもそも、カラードレスを着る意味とは何でしょうか。
ウェディングドレスからカラードレスに着替えることを「お色直し」と言いますが、その起源は奈良時代にあると言われています。
当時は結婚してから3日間は白無垢を着て、4日目に色打ち掛けを着るのが習慣でした。そうやって、相手の家に染まりましたということを表していたのです。
時代が代わってそれが簡略化され、結婚式の中で白無垢から色打掛けに「お色直し」をするようになりました。
今では披露宴の途中で衣装や髪型を変えることはすべて「お色直し」と呼ばれていますが、本来は純白のウェディングドレスからカラードレスに着替えることで、「相手の色に染まりました」ということを意味しているのです。

カラードレスを汚してしまったらどうすれば良い?

カラードレスを汚してしまったらどうすれば良い? 結婚式の披露宴の中でもお色直しは欠かすことのできない項目です。お色直しをすることで、会場の雰囲気を盛り上げたり、招待客を楽しませることができます。
そのため、結婚式に招待された招待客の中には披露宴のお色直しで新婦が着用するカラードレスを楽しみにしている人も多くいるのです。
そんな披露宴では、式の合間に招待客の席を回ったり、招待客が席にやってきて会話をしたり慌ただしく時間が過ぎていきます。
また、その間に食事を済ませなければならないため、普段着慣れないカラードレスを着て食事をしていると、思いがけずドレスを汚してしまうこともあります。
そんな時は、乾いたナプキンで表面の汚れを軽く落とすことが大切です。汚れを付けたままにしておくと、後々シミになってしまったり、汚れが落ちなくなってしまうため、汚してしまったらすぐに汚れを拭き取らなければなりません。
しかし、その際に汚れを落とそうと無理に擦ったり水や液体をつけてしまうと、それがかえってドレスの生地を痛めたり、シミになる原因になってしまうため、必ず乾いたナプキンを使用することが大切です。