式を彩るカラードレス

結婚式を華やかに演出するカラードレス

カラードレスに合わせて揃えたい小物とは?

カラードレスに合わせて揃えたい小物とは?	結婚式の中でも、披露宴は新郎新婦たちの思い出に残るため、披露宴に工夫を凝らすカップルが多くいます。
そんな披露宴の印象を左右するのがお色直しです。
お色直しでは、新郎新婦がそれぞれ鮮やかなドレスやタキシードに着替えることで、会場の雰囲気を一変させることができます。
そのため、お色直しに使用されるカラードレス選びはウエディングドレス選びと同様に重要になってくるのです。
そんな、カラードレスを着用する際に欠かすことができないのが、小物です。新婦の髪につける花飾りや髪飾り、頭に載せるティアラや花冠などの小物類は、カラードレスの印象を大きく左右する重要な役割を持っています。
特に、ドレスが華やかなものの場合には、ドレスの華やかさを引き立たせるためにシックでシンプルなデザインの小物を使用すると全体を上品にまとめることができます。
また、新婦と色味をあわせるために新郎の胸にカラードレスと同系色のハンカチーフやコサージュを添えると、よりまとまりが生まれます。

カラードレスに合わせてブーケの色も考えよう!

カラードレスに合わせてブーケの色も考えよう! ブーケの色は基本的にカラードレスと同系色だとまとまりが出やすいです。
淡い色合いだと可愛らしく、濃い色合いは大人っぽくなり、ひとつのブーケの中でも濃淡でメリハリをつけたりもします。
例えば赤色系のカラードレスではピンクや赤、白でまとめる他、紫系の花もドレスに映えます。
青色系のドレスには対比色の黄色を使うことでもメリハリが生まれます。色の濃いドレスに対して淡い色だと柔らかい印象を。ドレスと同じように濃い色合いを入れていくと落ち着いた印象を受けます。
緑色を全面にあしらったものはウェディングドレスだけでなく、カラードレスでも綺麗です。この場合花は、差し色として濃い色を含むと鮮やかになるでしょう。
ドレスが緑色系であれば黄色やオレンジ色が合いますが、紫色も相性が良く素敵なアクセントとなります。
生花では難しい色や濃淡も造花では可能になることがあります。カラードレスに合わせるブーケを造花で作るのもいいアイディアなのかもしれませんね。